サービスの違いが選定の決め手

近年、日本は高齢化社会の対応のため、

今ままでには無い様々なサービスが登場しています。

 

高齢者住宅に関する分野は、日経新聞で掲載されていたように

新規参入が相次いでいます。

 

新しいサービスがどのように受け入れられるかが、

今後の課題ともいえそうです。

 

***********************************************

サービス付き高齢者住宅、異業種が参入

【2012/12/27 日本経済新聞】

 

高齢者住まい法の改正に伴い、2011年10月から登録が

始まったサービス付き高齢者向け住宅。

 

従来の特別養護老人ホームなどと違い、

要介護度に関係なく60歳以上なら誰でも

入居できるのが特徴だ。

 

国は10年間で60万戸を整備するため、

補助金などで民間企業の参入を後押ししている。

 

11月末時点の登録戸数は8万2800戸と1割強。

実際に幅広い分野からの参入が相次いでいる。

************************************************

 

高齢者住宅で必要不可欠なのは健康管理。

健康管理のシステム組入れて、他のサービスとの

違いを出す企業も増えています。

 

例えば、医師による定期訪問。

健康状態を定期的に確認することによって、

快適な健康状態を保つことができます。

 

今の時代、インターネットの普及により、

定期訪問を医師による遠隔確認で実施することも可能。

近い将来新しいサービスとして標準化されるかもしれません。

投稿者:総合防犯設備士(2012年12月28日 03:59)

一覧へ戻る

安全な暮らしのパートナー/Security House

セキュリティ導入の心得/防犯システムを導入する前に必ずお読み下さい。

遠隔監視システムの運用で最も危険なこと、 それはカメラにアクセスするための情報の流出です。

例えば・・・「スタッフからの情報漏洩」「無料のアプリケーションからの情報漏洩」と今日の生活において様々な形で情報が流出しています。

私たち防犯のプロ『セキュリティハウス』では アクセス情報の漏洩の仕組みを徹底的に洗い出し、情報漏洩を考え抜いたシステム設計・開発を行いました。

いつでもお客様の安心してご活用いただけるシステムで 安全・安心・企業の信用を お守りします。

詳細はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

製品についてのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-8484-24【受付時間】10:00~19:00

防犯一筋30年総合防犯設備士数No.1(64名)防犯設備士数470名 防犯セキュリティのプロ集団セキュリティハウスが造り上げた遠隔監視・制御システム「i-NEXT」