Blog/ブログ

強盗対策、店舗には最低限防犯カメラ

強盗事件、貴金属店の店前で発生しました。

//////////////////////////////////

毎日新聞より抜粋  324()128分配信

<強盗>「5600万円強奪」男性けが 大阪の路上

 

24日午前10時40分ごろ、大阪市中央区南船場3の貴金属買い

取り店前の路上で、「暴行されてかばんを取られた」と

30代の男性から110番通報があった。

 

大阪府警南署によると、男性は軽傷を負っており、

「店で金を換金し、布製の手提げかばんに5600万円が入っていた。

2人組の男だった」と説明しているという。

南署は強盗致傷事件の可能性があるとみて捜査している。

//////////////////////////////////

 

店前に防犯カメラが設置されていたとすれば、

犯行現場は防犯カメラにしっかりと記録されていたと思います。

最近は、お店の前に出入りのお客様の姿を確認する他、

来客の車の出入りを確認するために防犯カメラを設置する

店舗が増えてきました。(携帯ショップ、コンビ二等)

 

上記のような強盗事件を考えると、お客様保護のためにも

店内に防犯カメラを設置する他、店の前にも防犯カメラを

設置することが望ましいです。

 

万が一、何らかの事件が発生した場合、

犯行現場を記録することができる他、

逃走する犯人の姿などを記録することができるからです。

最近は、防犯カメラの映像が決めてとなって、

多くの事件が解決できています。

 

お店の前に防犯カメラを設置することによって

副次的効果もあります。外出先から防犯カメラの

映像を確認できるi-NEXTシステムを活用すれば、

離れた場所、遠隔地から店舗の様子、店内は勿論のこと

お店の前の様子をリアルタイムで確認するこができます。

 

冬のシーズンであれば、雪や凍結の状況を把握できる他、

雨の日は、雨が降っているのかどうか確認できる他、

お店前の交通量、人の流れ、車の流れを確認することもできます。

余談ですが、春のシーズンは、もし桜の木が近くにあれば、

桜の開花なども見ることができます。

 

今まで見ることが無かった状況をiPadiPhoneなどで

遠隔で見ることができるので、新しい気づきや新しい発見があります。

売れるヒントを発見される経営者の方が多数いらっしゃいます。

投稿者:スタッフ(2016年03月24日 04:22)

一覧へ戻る

安全な暮らしのパートナー/Security House

忍び寄るストーカー対策に 無料防犯アラームアプリ

「防犯アラーム」は、あなたの身を守るためのアプリです。
もしもの時に①最大音量で音を鳴らしたり、②あなたの居場所を定期的にメールで送り続けたり、③ワンタッチで電話をかけたり出来ます。
あなたの身を守るため、是非ご活用ください!

防犯アプリの詳しい情報はこちら

セキュリティ導入の心得/防犯システムを導入する前に必ずお読み下さい。

遠隔監視システムの運用で最も危険なこと、 それはカメラにアクセスするための情報の流出です。

例えば・・・「スタッフからの情報漏洩」「無料のアプリケーションからの情報漏洩」と今日の生活において様々な形で情報が流出しています。

私たち防犯のプロ『セキュリティハウス』では アクセス情報の漏洩の仕組みを徹底的に洗い出し、情報漏洩を考え抜いたシステム設計・開発を行いました。

いつでもお客様の安心してご活用いただけるシステムで 安全・安心・企業の信用を お守りします。

詳細はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

製品についてのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-8484-24【受付時間】10:00~19:00

防犯一筋30年総合防犯設備士数No.1(64名)防犯設備士数470名 防犯セキュリティのプロ集団セキュリティハウスが造り上げた遠隔監視・制御システム「i-NEXT」