Blog/ブログ

現金約2千円でも狙われる

産経ニュースより抜粋——————————————-

2018.10.23 07:04

 

現金約2千円と指輪や腕時計など15点が盗まれました。

9月27日夜、東京都杉並区の無職男性宅に侵入。

 

ペルー人の男が運転手役で、防犯カメラの車の画像から4人の関与が浮上。

グループは日没後に明かりのついていない住宅を狙い、

工具で窓を割って室内を物色していたという。

 

——————————————-

 

ニュースの内容では、昨年11月~今年10月に約130件、

総額約2億5300万円の窃盗事件に関与した可能性があるとのこと。

近年、犯罪の統計データでは、盗難被害の件数は減少傾向になっていまが、

今回のように、1年間で約130件もの盗みを繰り返しているグループもいます。

年々犯罪が減っているからと安心するのではなく、

いつ犯罪被害に遭うかわからないとい意識は忘れてはなりません。

 

実際に、現金2000円でも窃盗被害に遭っているところもあります。

窃盗犯は、家に現金が沢山置いてあろうが無かろうが、

侵入するときは侵入します。

 

窃盗犯にとって、『ここには大金の品物が置いてありそう』という

“イメージ”だけで行動することになります。

 

 

——————————————-

 

自分の家にはお金を置いていないから・・・。

盗まれるものは何もないから・・・。

という発想は危険です。

 

少なくとも、窃盗犯に狙われない、ターゲットにされない対策が重要です。

では、狙われないためにどうするか。どのように予防するか。

 

様々な防犯グッズ、防犯システムがありますが、どれを活用すればいいのか?

まずは、セキュリティハウスの防犯システム、『自主機械警備システム』で、

解決が可能です。

 

防犯カメラを組み合わせることでさらに防犯力を強化することができる他、

遠隔監視システムの『i-NEXTシステム』を取り入れば、さらに便利さを

強化することもできます。

投稿者:スタッフ(2018年10月25日 02:33)

一覧へ戻る

安全な暮らしのパートナー/Security House

忍び寄るストーカー対策に 無料防犯アラームアプリ

「防犯アラーム」は、あなたの身を守るためのアプリです。
もしもの時に①最大音量で音を鳴らしたり、②あなたの居場所を定期的にメールで送り続けたり、③ワンタッチで電話をかけたり出来ます。
あなたの身を守るため、是非ご活用ください!

防犯アプリの詳しい情報はこちら

セキュリティ導入の心得/防犯システムを導入する前に必ずお読み下さい。

遠隔監視システムの運用で最も危険なこと、 それはカメラにアクセスするための情報の流出です。

例えば・・・「スタッフからの情報漏洩」「無料のアプリケーションからの情報漏洩」と今日の生活において様々な形で情報が流出しています。

私たち防犯のプロ『セキュリティハウス』では アクセス情報の漏洩の仕組みを徹底的に洗い出し、情報漏洩を考え抜いたシステム設計・開発を行いました。

いつでもお客様の安心してご活用いただけるシステムで 安全・安心・企業の信用を お守りします。

詳細はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

製品についてのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-8484-24【受付時間】10:00~19:00

防犯一筋30年総合防犯設備士数No.1(64名)防犯設備士数470名 防犯セキュリティのプロ集団セキュリティハウスが造り上げた遠隔監視・制御システム「i-NEXT」