Blog/ブログ

野球のボールが盗まれる

今年の夏の甲子園。決勝は、広陵VS花咲徳栄。

花咲徳栄高校の優勝で、今年の夏の大会も終わりました。

 

華やかしい活躍の裏には、厳しい練習があったと思います。

毎日毎日、白いボールを追いかけたり、バッティング練習をしたり。

 

最近、その白いボールが盗まれる被害が相次いでいます。

———————————————————————————————————

硬式球9100個超 栃木など5県の県立高校】毎日新聞2017819

   

 栃木、群馬、埼玉、茨城、福島の5県の県立高校で7~8月、

 硬式野球部のボールやバットの盗難が相次いでいることが

 各県の高校野球連盟や県警などへの取材で分かった。

 

 盗まれたボールは9100個以上とみられ、各県警は窃盗事件として調べている。

 

 茨城県では鬼怒商高で7月23日、野球部の倉庫からボール約500個が

 ケースごと無くなっているのを生徒が発見。福島県ではいわき総合高で

 今月3~5日にかけてボール約400個が盗まれた。

 

 雨天練習場にあった約300個と用具倉庫の約100個で、

 倉庫は南京錠が壊されていた。

——————————————————————————————————-

 

公式ボールは1球700円程度で、スポーツ店で販売されています。

メーカー品でしっかりしたボールになると1,000円程度になります。

 

もし、100個盗まれると10万円程の被害になります。

200球で20万円、300球で30万円、400球で40万円相当。

 

おそらく、殆どの高校では、ボールの盗難対策として、

セキュリティシステムを活用されているところはないと思います。

 

被害が頻発に発生している状況。

他の地域の高校でも被害が広がる可能性もあります。

 

盗難対策には、防犯対策が必要不可欠です。

物理的な防御の他、管理体制の強化もさらに必要になってきます。

 

防犯カメラ等の記録装置で、見守ることも重要です。

設置することで、抑止効果にもつながります。

 

これからの防犯カメラは、単なる防犯の用途の他に

さまざまな用途で活用できます。

 

例えば、セキュリティハウスのi-NEXTをシステムを活用すれば、

現場の映像を遠隔で確認できるので、

練習状況を遠隔確認・遠隔指導が行えます。

また、保護者の方々にも練習風景をお伝えすることができます。

 

ズーム機能を使えば、選手のスイング状況や

投球、スローイング状況も詳細に把握することが可能です。

各選手の個別指導にも活用できます。

 

さらに、特別な指導者から遠隔でご指導を受けることも可能です。

わざわざグランドまで足を運ぶ手間が省けるので、

素晴らしい指導者の指導を簡単に受けることも可能になります。

 

もし、普通の防犯カメラを設置するだけでしたら、

上記のような活用は簡単ではありません。

 

これからの防犯カメラシステムのキ-ワードは【有効活用】です。

防犯カメラの活用方法は、まだまだ無数にあります。

 

投稿者:スタッフ(2017年08月23日 05:56)

一覧へ戻る

安全な暮らしのパートナー/Security House

忍び寄るストーカー対策に 無料防犯アラームアプリ

「防犯アラーム」は、あなたの身を守るためのアプリです。
もしもの時に①最大音量で音を鳴らしたり、②あなたの居場所を定期的にメールで送り続けたり、③ワンタッチで電話をかけたり出来ます。
あなたの身を守るため、是非ご活用ください!

防犯アプリの詳しい情報はこちら

セキュリティ導入の心得/防犯システムを導入する前に必ずお読み下さい。

遠隔監視システムの運用で最も危険なこと、 それはカメラにアクセスするための情報の流出です。

例えば・・・「スタッフからの情報漏洩」「無料のアプリケーションからの情報漏洩」と今日の生活において様々な形で情報が流出しています。

私たち防犯のプロ『セキュリティハウス』では アクセス情報の漏洩の仕組みを徹底的に洗い出し、情報漏洩を考え抜いたシステム設計・開発を行いました。

いつでもお客様の安心してご活用いただけるシステムで 安全・安心・企業の信用を お守りします。

詳細はこちら

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

製品についてのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-8484-24【受付時間】10:00~19:00

防犯一筋30年総合防犯設備士数No.1(64名)防犯設備士数470名 防犯セキュリティのプロ集団セキュリティハウスが造り上げた遠隔監視・制御システム「i-NEXT」